G20 LCI エアロ開発スタート

BMWの中核はやっぱり3シリーズ

その3シリーズ、現行型のG20は昨年9月にマイナーチェンジ(LCI)していて、前後バンパーは形状が大きく変わっています。

最近の傾向としては割とフラットな面で構成してシンプルさ強調した印象のデザインになっていますね、なんというか、これまでよりも威圧感を少し抑えた感じ、EV化にも似合う様なサステナブル感を表現したいという意図があるのではないかと推測しています。

で、話をもどすとそのLCIになった事で3DDesignのフロントリップスポイラーやリアディフューザーなどは装着出来る物が無い状況です。

そんな中、 開発車両をお借りできる事になったので、今日から早速エアロパーツの開発に着手です。

BMW LIFE

BMWの新しい書籍が創刊されましたね! BMWLIFE

レイアウトもキレイで高級感あり、創刊号では、「M」の特集が多数掲載されてました。
最新のチューニング&カスタム情報やメンテナンス情報、オーナーズクラブや、オーナーさんのガレージなんかも紹介されていて読み応え十分です。

3DDesignもローダウンスプリングの記事掲載いただいています^_^ 

ローダウンしてもしなやかな乗り心地

カスタムやモータースポーツの記事が満載のオートメッセウェブさんでローダウンスプリングに関する記事を掲載していただきました!

今まであまり表に出してこなかった 3DDesignローダウンスプリングの設計に関する種明かし的な内容になっています。
同じバネレートでも巻き数の違いで乗り味が変わる事を利用した低周波設計がキモです。

https://www.automesseweb.jp/2023/01/25/1214683/2

iX 来た

脱炭素の大きなうねりの中、BMW もEVがどんどん出てきています。
その中でも iX はEV専用ボディの象徴的なモデル、i8に変わるEVのフラッグシップ、となればBMW専門チューナーとして放っておく訳にもいかないですね。
マーケットのサイズがどうのとか置いておいて、チャレンジです。

エアロパーツを少し開発する事になりました。

今回は岐阜県高山市にてBMW Group ワークショップを開かれているefu(エフ)さんのデモカーをお借りしてきました^^
https://www.efu-service.com/

M6 クーペサイドスカート

以前のブログで復活させることを告知した M6 クーペ F13 のサイドスカートの件、その時は年内にも生産再開できそうだ なんて書いたんですが、少々遅れておりまして(^^; 本日試作品の確認作業でした。

おまけに、フィッティングした所 ちょっとした修正が必要でして、大変もうしわけございませんが、もう少々お時間くださいませ m(_ _)m

とは言え、もうだいぶ良い所まで来ているので、近々にまた状況ご案内いたします!

G20 320i デモカー FOR SALE

デモカーの G20 320i 3DDesign のCAR SALE に出ています!

3DDesignのデモカー、買えるんです。
デモカーですから、エクステリアはもちろんインテリアから足回り、マフラー、エンジンなど 隅々まで手が入ってます。

そんなデモカーが買えちゃうのは3DDesign CAR SALEの魅力の一つ 

今回のCAR SALE にアップされたのはG20 320i は特に対応アイテムが多いので、まさしく3DDesignコンプリートカーな1台、パワーも当社計測で約240馬力まで出ています。

ノーマルからコツコツと自分カラーに仕上げるという楽しみもありますが、こういう仕上がったクルマを手に入れるという選択肢もあります。

ご興味ある方は↓こちらをご覧ください^^
https://cars.3ddesign.jp/?demo=g20-320i


ノーマル実測 197ps ->デモカー実測238ps

タイプ3 19インチ

今日はカメラマンさんにホイールの物撮りしてもらいました。

F54とかX2とかで ちょこちょこ露出しているタイプ3 19インチのカラーバリエーション追加です。
この写真のブラッシュドとバイカラーを追加の予定で、その準備中です。
実はすでに入荷しているので焦る (^^;  

正式リリースの時にまたご案内します!

M850i グランクーペ ローダウン

昨年末に 開発に触れた G16 850i グランクーペの ローダウンスプリング、本日装着後の最終チェック終えました。

約20mmダウンでこの感じ、程よいでしょう?

乗り味もOK、乗りごごちも問題なく、普段使いに支障ないです。
これから量産の運びなので、リリースのスケジュールが見えたらまたご案内します^^

G80 に コスパ最高BC3

ピットでは昨年入社したメカニックがデモカーのG80M3にブースターチップ3を取り付けていました。

G80/82 M3/M4のブースターチップ3は当社が謳っているスペックで50-60馬力アップ、実車のダイナモテストではもっといい結果が出ている、とにかくコストパフォーマンスがめちゃくちゃ高いチューニングメニューです。

ブースターチップの配線は純正コネクターに割り込ませるだけなのですが、メカニック曰くこのS58エンジンは1か所だけ難しい所があるという事。

いやいや、そんな言うほどでもないでしょう? と思って見せてもらいましたが、たしかに 手が入るのがやっとな感じ。
よほど腕に自信のある方以外、取付けは信頼のおけるショップにお任せしましょう。^_^

https://www.3ddesign.jp/product_boosterChip.htm


車両:BMW G82M4 Competition (2021年式) / S58B30A (カタログ値510ps)
条件:ブースターチップ3 ボリューム 6 / 他 フルノーマル
BC3装着後計測結果:最高出力 590.0PS 最大トルク 76.9kg/m

F56 にT3F試し履き

F54に履いていた19インチを F56JCWに 履かせてみましたの図

と言っても そもそも F56とF54ではタイヤサイズが全然違うのでタイヤの外径は純正より約25mmも大きい..
とりあえず 雰囲気とタイヤの出具合がどうなのかというトライなので、そこのミスマッチはご了承くださいm(_ _)m

で、ブレーキは楽勝で逃げます。さすがタイプ3
問題はフロント、8.0J IS50に5mmスペーサー入れたのですが、タイヤが235というのもあって だいぶツラツラ(笑) 入らない事はないですが、車検はかなりビミョー、ていうか多分NG。
スペーサーを3mmにすればもギリどうですか?という感じだけど、そうすると今度は純正のダンパー内側とキャリバーがギリギリ、社外のダンパーだと当たったりするかも。

まぁ19インチだと都合の良いサイズのタイヤもあまり出てないみたいだし、ちょっと推奨サイズとは言いづらいですね

という結果でした あくまでもご参考まで。 (^^;

ついでに先日リリースしたエアロなど少し写真撮ってみました。

https://www.3ddesign.jp/product_aero_MINI_F55_56.htm